古銭買取りの豆知識、古銭の両替について

1000円札や5000円札、1万円札と言う紙幣は現在流通されているものと以前流通されていた紙幣が在ります。
以前流通されていた紙幣の事を古銭などと言いますが、古銭と言うのは額面の価値は在りますが、お店で利用する事が出来ません。
例えば、1000円札と言うのは野口英世が表面に描かれている紙幣であり、この1000円札が発行される以前には夏目漱石や伊藤博文、聖徳太子などが描かれている紙幣が在りますが、これらの紙幣は自動販売機などではエラーとなるため利用する事が出来ませんし、仮にお店で使おうとしてもお店の人が若い場合などでは現在の紙幣と異なるので使用を断れてしまう事も在ります。
この様な紙幣は銀行に持って行くことで両替をして貰う事が出来るようになっており、伊藤博文の1000円札は銀行で野口英世が描かれている現行の1000円札と両替して貰う事が出来ると言う事です。
尚、古銭の中にはプレミアが付けられているものもあり、古銭買取りのお店に持って行くことで額面以上の金額で買取りして貰えるケースが在ります。
お札の状態がピン札のようになっていることで査定額も上がることになり、1000円の額面の紙幣が1万円や数万円と言った金額で取引が行われることも在るのです。
現在流通されている貨幣は額面に記載されている金額の価値を持つのが特徴です。
お金と言うのは色々な人の手に渡ることになり、この時硬貨などの場合は表面が汚れてしまう事も在れば、何らかの理由で曲がってしまう事も在ります。
最近の自動販売機は偽造硬貨や偽造紙幣を判別する目的で精度が高くなっているため、汚れた硬貨や折れ曲がっている硬貨、破れかかっている紙幣などは使えない事も多く、この場合は銀行に持って行くことで新しい貨幣と両替をして貰う事が出来ます。
尚、古銭買取りの場合は額面に対して上回る金額で買取りをして貰えるケースと額面を下回る金額で買取りになるケースが在ります。
古銭買取りで額面を下回る場合など、銀行で両替が可能な古銭については、銀行に持って行く方が損をしないで済みますし、逆に額面を上回る場合には両替ではなく買取りを利用した方がお得と言う事になります。
尚、古銭の両替についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。
また、両替して貰う事が出来るお金は現在流通されている貨幣全てと昭和以降に発行された硬貨や紙幣などで、明治時代や大正時代に発行されたものは古銭を買取りして貰う事が出来るお店に持っていけば価値に応じた金額で買取りが可能になります。