銀行での両替と古銭買取りについて

現在流通している貨幣の額面には1円、5円、10円、50円、100円、500円と言う6種類の硬貨、1000円、2000円、5000円、1万円と言う4種類の紙幣が在ります。
これらはお店で買い物をした時に使う事が出来る貨幣ですが、昔のお金の中には100円札や500円札と言った紙幣も在りますし、現在流通されている5円玉は時代が変わることでデザインが変更となり、昔のデザインの5円玉は製造中止になっています。
また、5円玉と言うのは穴が中央に開いているデザインになりますが、昔の5円玉には穴有りと穴無しの2種類が在りますし、50円玉についても穴が開いていないものと、現在の50円玉よりも大きなサイズの50円玉が在るなど、現在流通されているものとは異なるデザインの貨幣が存在していたわけです。
現在20代などの若い人々にとって、こうしたお金が存在していたことを両親などから聞いて知っている人もいれば、知らない人も存在しているわけですが、額面が円単位になっている貨幣の内、現在流通されていない貨幣は古銭買取りで売る事も出来ますし、銀行に行けば現在の貨幣に両替をして貰う事も出来るようになっています。
但し、銀行の場合は額面通りの両替となり、古銭買取りの場合はプレミアが付いているものについては額面を上回る額で買取りして貰えるケースも在ります。
100円玉には幾つかの種類が在るのをご存じでしょうか。
100円玉と言うのは、昭和32年に発行が開始になった硬貨ですが、昭和32年に発行された100円玉の素材は銀が60%、銅が30%、亜鉛が10%、表面に描かれているのは鳳凰になります。
この100円玉は、現在の自動販売機などでは使う事が出来ませんが、100円としての価値は在ります。
また、この100円玉は昭和32年~33年にかけて製造されていたもので、昭和34年には表面に稲穂が描かれ、裏面には分銅が描かれた100円玉が登場しています。
尚、現在の100円玉と言うのは昭和42年に発行開始になっているもので、白銅の素材で、銅が75%、ニッケルが25%の材料で製造が行われているもので、表面には桜が描かれているのが特徴です。
従来の100円玉も、現在の100円玉同様に100円と言う価値は在りますが、流通されている100円玉とはデザインなどが異なる事、自動販売機で利用する事が出来ません。
銀行に持って行くことで現在流通している100円玉と両替をして貰う事が出来るようになっていますが、発行枚数が少ない時代の100円玉等の場合、古銭買取りを利用する事で100円以上の値段で買取りをして貰える事も在ります。
気が付けば忍び込んでいた!と言った場合には、銀行での両替と古銭買取りの何れかで対応する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です